3月 12 2015

Profile Image of ymk

揚げ物の写真の撮り方

Posted at 1:14 PM under ぼやき,カメラ関係,色々


ポケットキッチンに来てから本格的に料理写真を撮るようになって、
だんだんメニューに載せるような写真はそれなりには撮れるようになってきました。
でも、動いているモノや人を撮るのはまた別問題ですからね、まだまだ練習が必要です。
 
今度写真を撮る仕事の中に「天ぷらを揚げているところ」というのがあったので
練習のために、揚げ物中の写真をいろいろ撮ってみました。
 
いつもと違うのは動いているモノを撮ること。
普段は三脚にカメラを設置しているけど、今回は手持ちで撮るので手ぶれがおきないよう
ストロボもしっかりたいて、オートフォーカスにしました。
手ぶれしていたり、ピントが来てなかったら商品価値がないですからね・・・。

そしていざ、写真を撮ります。
最初はムダにシャッターを切りましたが、だんだんわかってきました。
シャッターチャンスは食材を油に入れる瞬間と取り出す瞬間ですね。
そうじゃないと泡がいっぱいで何を揚げているのか全くわかりません!
 
そしてちょっと食材が油の中に入っている方がわざとらしさがない。
あと、いくつか油の中に揚げ物が浮いてないとそれっぽく見えない。
それに揚げている人の動きもあんまり早いとダメなので、「そこで止めて!」とか
「もう少し下に下げて!」とかリクエストして撮りました。
撮られる方も大変ですね!
 
揚げ物って入れた瞬間は大きな泡がたくさん出て、音もじゅわじゅわとした感じで
入れたモノはよく見えない感じになりますよね。
その後、だんだん火が通ってくると色が付いてきたり、泡の大きさが小さくなってきて
食材の形がよく見えるようになってきて、音もパチパチとした感じに変わってきます。
そういうことがわかっていると写真の撮り方もわかってきます。
 
あとは鍋の縁を入れてみたり、寄りで撮ってみたり。
どの位置から撮るかも結構変わってきますね。
私は揚げている人の横で撮っていたので、箸がヘンなむきになっちゃいました。
向かい側から撮るとまた雰囲気が変わるし、ストロボとの距離とか位置でも
変わってきますね。
イイ練習になりました!
 
ポケキチpeco
 
揚げ物①

No responses yet

Comments are closed at this time.