Archive for the 'デザート' Category

5月 29 2016

Profile Image of ymk

カオラーム


先日のタイフェスでエキゾチックな女性が「タイのスイーツでーす」といって配布していたサンプル。
最後のひとつを運良く手に入れました。
調べてみたらカオラームというモノでした。
 
竹の筒にもち米とココナッツミルクを入れて蒸し焼きにしたお菓子だそうです。
中には小豆が入ってました。
ミルキーで甘いおこわといった雰囲気。
竹筒ごと真空パックされていて、レンジで1分加熱すれば食べる事ができます。
これは白いご飯に小豆、といった見た目だけどもち米を紫米に変えてお赤飯のように赤くなるように
作るタイプもあるみたい。
 
そして竹筒も地方によって太さが違う。
北部の竹筒は細く、中部は太くなります。
竹の皮もそんなに固くなく、手で裂くことができます。
竹筒にココナツミルクで煮た米を詰めたあとはヤシの繊維をバイトゥーイというタイのハーブで巻いたモノで蓋をする。
容器も何もかもがエコだという自然にもやさしいおやつだそうですよ。
私たちが食べたモノにはついてなかったけど竹の薄皮が米に密着するらしく、それも食べる事ができるから
ご飯が手につかないで食べやすいとか。
 
そんなカオラーム、H先生とS先生と3人で一口食べて黙っちゃった。
私たちの口にはちょっと合わなかったようです。
でもきっとタイで食べたらおいしいと思うんでしょう。
 
ポケキチpeco

カオラーム

カオラーム はコメントを受け付けていません。

5月 14 2016

Profile Image of ymk

島根のいちご!


今年は私、結構いちご、食べてるな~。
うちの近所ではいちごは398円くらいなんだけど、それを下回っている価格のいちごをみかけると
つい買ってしまう。
この辺で手に入る普通のいちごはとちおとめとかさちのか、とよのからへんが多いかな?
ちょっといいやつになると紅ほっぺや大きいサイズのモノもあるけど、そういうのは普段食べないし。
 
いちごは甘いから果物の部類には入るんだけど、木になるモノではないので野菜として扱われる
こともあるらしい。確かにそうですね。
いちごはビタミンCも豊富だし、甘味と酸味のバランスが絶妙ですよね。
最近はもっぱらヨーグルト&いちごが朝食です。
 
先日島根の義父が上京してきた時に手土産にいちごを持ってきてくれました。
島根県はフルーツがおいしいんですけど、とくにいちごはおいしいですよ。
全国的に出回ってないけどその辺のスーパーで買ういちごのおいしさが全然違う。
気候や土の問題ですかね?
 
地方には道の駅が充実してますよね。
私も旅行に行くと必ず道の駅に立ち寄ってお土産を買ったりアイスを食べたりします。
近隣農家の方が野菜や果物を自分で持ってきて売る、というスタイルをとっているので
畑から消費者までの流通時間がとても短くて新鮮。
義父も道の駅で来る時に買ってきた、という鮮度抜群のいちご。
それもいつも買わないサイズのいちご!
 
私は紅ほっぺが好きなんだけど、このあきひめも酸味があっておいしい。
こういうのはヨーグルトなんかに入れたらもったいないですね。
そのまま洗って食べました。
 
いちごって日持ちしないじゃないですか。
冷蔵庫で冷やすと味が落ちるって言うから本当は食べる前に冷蔵庫で冷やすのがいいみたいですね。
あと、洗うと水がついて傷みやすくなるから、食べない分は洗わない方がいいと思う。
お店ではいちごを洗ったら大きめのタッパーにキッチンペーパーをしいていちごをひとつずつ並べて
蓋をして保管しているらしい。
重なっているところから傷みやすいので、バラしておかないとダメなんですね。
こんなデリケートないちごだけどリーズナブルに食べる事ができるのはもう少しで終わりなので
買えるうちはなるべく食べよう!と思ってます。
 
ポケキチpeco

いちご
 
いちご2
 

 

島根のいちご! はコメントを受け付けていません。

5月 03 2016

Profile Image of ymk

大豆粉のパンケーキ


以前渋谷のロフトの2Fにある「渋谷シティーラウンジ」というカフェでお茶したことがありまして。
ロフトにカフェがあったとは知らず。
しかもなんかイベントを定期的にやっていて、その時はたまたまマルコメの大豆ラボという商品のPRイベントでした。
あの辻口さんがその商品を使ってスイーツのメニューを提案していて、そのメニューを注文すると
大豆ラボの商品を1メニュー注文につき1商品プレゼント、というので私がいただいたのは「パンケーキミックス」。
大豆粉でできているパンケーキのミックスです。
 
以前テレビで大豆粉のパンケーキミックスがあることを知り、それがおいしいと聞いていたので
ちょっと食べてみたかったんです。買うか、というと買わないけどいただけるなら、というヤツですね。
たしかお店で食べたパンケーキもそれを使っていたと思うんだけどソースやらフルーツやらがのっていて
パンケーキそのものの味はいまひとつわからなかった。
 
このパンケーキミックスはグルテンフリーの大豆粉を使ったヘルシーなパンケーキミックスで
マルコメだけに粉末みそが隠し味らしい。
ちょっとわからなかったけど大豆臭さをちょっと緩和しているのかも。
焼きたてはやさしい大豆の香りがしてやわらかくおいしかった。
ほんのり甘いだけなので食事用にもいいですね。
もし気になる人がいたら買ってもいい!と思う商品でしたよ。
 
ところでこのパンケーキミックスは1袋に卵1個と牛乳を150cc(だったかな?)加えて混ぜるだけで
こんな風に焼けたんだけど、いつかH先生がハワイで買ってきてくれたパンケーキミックスは衝撃でしたね。
書いてあるとおりに作ったら生地がかたすぎてふわふわに焼けなかった。
あのとおりにつくったらホットケーキだったもん。
それをH先生に言ったら「書いてあるとおりに作るからダメなんですよ」って言ってたけどそんなんじゃダメでしょ!
 
さすがmaid in Japan!
書いてあるとおりでおいしいので来ました~
 
ポケキチpeco
 
パンケーキ

大豆粉のパンケーキ はコメントを受け付けていません。

4月 30 2016

Profile Image of ymk

初ギリシャヨーグルト

Filed under おやつ,デザート


毎朝ヨーグルトとフルーツを少しだけど食べるようにしてます。
よく買うヨーグルトはプレーンの無糖なのでブルガリアとかビヒダスとか恵とか買ってるんですけど
ずっと気になっていたギリシャヨーグルト買ってみたんです。
 
CMでヨーグルトをすくって逆さまにしても落ちてこないくらい濃厚、というのがウリの森永のパルテノ。
ギリシャの伝統製法である「水切り製法」で作った濃密ギリシャヨーグルトで、通常の3倍濃縮されていて濃厚。
まぁ、水切りヨーグルトみたいな感じってことですね。
ヨーグルト400gくらいを水切りすると150gくらいには固形分は減るので約3倍。
でもホームページには「家庭では実現できない水切りヨーグルト」と書いてあるので
単純に水切っただけとはやっぱり違うんでしょう。
値段もそれなりにしてしまうのは納得ですね。
 
水分や乳清(ホエー)を除去して作っているため、一般的なヨーグルトより水分が少ない分
タンパク質が多く含まれていて、高タンパク低カロリーのすぐれものらしい。
はっきり言ってヨーグルトをタンパク質補充とは考えてなかったわ。
逆にホエーに栄養がたくさん含まれていると思ってた。
 
ソースが別添タイプのモノとソースが中に入っているモノとあったので両方買ってみた。
水切りヨーグルトはチーズのようなクリーミーな食感とほのかな酸味がいいですね。
いつもフルーツと食べているだけに、ソースナシのプレーンにしたらよかった。ソースが甘い。
普通のカップのヨーグルトはなんらかの糖分が入っているけど、これはソースで無糖ヨーグルトを食べる、
といった商品なのがいいですね。
 
ヨーグルトは乳酸菌の種類を明記した機能性食品みたいなモノを始め、いろいろなメーカーが
多種類を販売しているので競争が激しいですね。
このヨーグルト、いつまであるかなぁ。
 
ポケキチpeco

初ギリシャヨーグルト はコメントを受け付けていません。

4月 20 2016

Profile Image of ymk

明太カレー味かりんとう


この前の福岡物産展、お買い上げレシート3000円以上で1回くじ引き、というのをやっていたんです。
味噌なんか買ったもんだから3000円超えたので1回くじ引きしました。
何があたるかよく見なかったんだけど、はずれたことは確か。
はずれの人は明太カレーかりんとうをもらえたんです!
ラッキー。はずれナシってことですね。
 
福岡土産で有名なめんべい(明太子を練り込んだおせんべい)を販売している福太郎というお店が
出しています。
カレー味なのに明太子が入っているという異色のコラボ。
この組み合わせどうなんでしょう???
 
味はおいしいですよ。
でもカレーか、といわれたら違うし、明太子か、といわれても違う。
何とも説明できない複雑な味です。
多少スパイシーではあります。でも辛くはないです。
甘ったるくない、それがいいのかも。
よくこの二つを組み合わせようと思ったなぁ・・・。
 
ポケキチpeco

SONY DSC

SONY DSC

明太カレー味かりんとう はコメントを受け付けていません。

4月 16 2016

Profile Image of ymk

例のプリンを作ってみた


3月の覚えておきたい料理でカスタードプリンを作りましたね。
卵+卵黄に加え、生クリームが入るため、かなりなめらか食感のレシピでした。
 
あのプリンを自宅で2回ほど作ってみました。
なんせ2週間同じレシピの料理を教えているため、分量を覚えてしまい、作るのが早いし楽だから。
理由は動物性の生クリームがあったから、というもの。
生クリームって普段使わないからたまに安い!と思って買ってもなかなか消費できない。
いろいろに使おうと思っていたのに結局このプリンにしか使わなかった。
 
一度目の時はカラメルを作っていた時に火災報知器が鳴った。
自宅では換気扇をつけるとうるさくて会話が成り立たないから換気扇をつけないで料理することが多くて
うっかりそのままやってたのがダメでしたね。
今回はしっかり換気扇をつけ、煙が出てきたら換気扇にフライパンを近づけてやってみたら大丈夫だった。
気をつけないと危ないですね、油断してました~。
 
生徒さんは自宅でプリンを作ったことがない、という人が多かったけどこのカラメルを作るのがネックですよね。
でもカラメルがないとプリンの魅力が半減するからこれは覚えておくといいですね。
これこそどこまで焦がすか、どこまで煮つめるかの感覚が難しいから数こなすしかないし。
 
プリン液のレシピはこんな感じ
卵2個
卵黄1個
砂糖40g

牛乳350㏄
生クリーム100㏄
バニラエッセンス少々

卵に対しての水分が多いので固まるまでの時間がかかるけど、とってもなめらかな高級感のある仕上がりに。
教室ではプリンカップに入れて170℃で25分蒸し焼きにしたけど、うちでは陶器に入れたので35分くらい焼きました。
生地がなめらかすぎてちゃんと焼けてるかどうかの判断がなかなか難しかったけど数をこなしたおかげで
もう完璧にわかるようになりました、経験するって大事ですね。
 
これを食べると市販のプリンはちょっと食べられなくなっちゃいますね。
大きいので1個食べると相当なカロリーだな。
 
ポケキチpeco

例のプリンを作ってみた はコメントを受け付けていません。

4月 15 2016

Profile Image of ymk

梅ヶ枝餅


さて、その次はちょっとした行列が出来ていた(5人くらいだけど)梅ヶ枝餅を買いました。
これは太宰府天満宮の近くにあるかさの家というお店のお餅です。
お餅の材料はもち米とうるち米。
お団子もそうだけど、両方の米の粉を合わせた食感が好きなんです。
この粉のブレンドに水を入れて練り合わせ、粒あんを包んだ生地を鋳物の型で挟んで
直火で焼くんです。実演販売してました。
生地は違うけど鯛焼きみたいな感じですかね。
 
直火で焼くので回りにうっすら焼き色がついて香ばしい感じ。
小売りをしていなかったので焼きたてを食べる事ができなかったけど、
持ち帰ったモノはトースターやレンジで温めて食べた方がいいというので、ちょっと温めて食べました。
そのままだとたしかに触った感じが固かったですね。

甘さもちょうどいい。
多少塩気を感じるので大福みたいな感じかな? 
思った以上においしかった~。
こんなお菓子があるとは知らずに買ってみたけど、たぶんまた見かけたら買うでしょうね、私。
5個で650円だからお餅にしては普通のお値段。
あとパッケージが昭和っぽくてかわいらしいんですよ。
夕方とかは行列が出来るのかな?
 
ポケキチpeco

梅ヶ枝餅 はコメントを受け付けていません。

3月 24 2016

Profile Image of ymk

みすず飴


家族が長野に出張に行った帰りにめずらしく買ってきてくれたお土産、みすず飴。
以前豚子先生がブログにアップしていたし、教室にも持ってきていたかな?
とにかく知ってはいたんですが、久しぶりに食べる事ができました。
こういうお菓子って、お土産にはいいけど普段買って食べることないですからね。
 
みすず飴は長野県の伝統的なゼリー菓子だそうで、もう100年くらい歴史があるみたい。
国産のフルーツの果汁と寒天、グラニュー糖、水飴だけで作ったゼリーを乾燥させたものです。
ゼリーの回りはオブラートに包まれてます。
安いお徳用のゼリーでこういう感じのありますよね、あれの高級バージョン。
 
果汁はあんず・もも・ぶどう・うめ・りんご・さんぽうかん(柑橘類)の6種類。
それに冬季限定でかりんが加わった限定バージョンでした。
 
果汁を搾る前の作業はもちろん手作業だし、飴を切ったり、オブラートを巻いたりするのも
手作業らしい。なんかそれだけでありがたい。
通常バージョンはセロファンでリボンみたいに包んであるんだけど贈答品用は
和紙で包まれた高級バージョンもあった。
 
以前パート・ド・フリュイというゼリーを作ったことがあります。
妹が働いているお店で食後に出てきたモノがおいしすぎて、教えてもらって作ってみたんです。
これは果汁・グラニュー糖にクエン酸やペクチン、水飴を加えて練り、固まったらカットして
グラニュー糖をまぶす、というゼリー菓子。
作り方すごく似てる。
ゼラチンを多量に使うとグミのような食感になり、寒天で固めるとぐにっという弾力のある食感に。
どちらもいいですけど寒天の食感の方が好きかな。
 
結構甘いのでたくさん食べるんじゃなくて、1日一粒くらい食べる感じかな。
 
ポケキチpeco

みすず飴 はコメントを受け付けていません。

3月 23 2016

Profile Image of ymk

タルトのお店


ずっと気になっていたタルトのお店にふらっと行ってみました。
とにかくものすごい種類が豊富なんです。
フレッシュフルーツがのっている見た目が派手なものではなく、ドライフルーツやナッツを使って焼き上げる
落ち着いた、どっしりしたタイプ。
フルーツを使ったタルトもあるけどみんな焼いてあります。
そしてどれもおいしそう。
 
1カット500円くらいします。仕方なし。
タルトと言えばバターをたくさん使っている印象。
バターは国産バター、国産発酵バター、フランス産発酵バターを商品によって使い分けているそうです。
この前いただいたフランスのバター、おいしかったですからね。
 
私はキャラメルバナナとアップルクランブルを購入。定番過ぎたかな。
しっとりとサックリがほどよく上質な味でした。
テイクアウトの箱もリスの絵が描いてあってかわいいです。
手土産にいろいろな種類を持っていったら喜ばれそうな雰囲気。
たくさん食べるものじゃないですからね、たまには贅沢でいいと思います。
 
タルトと言えば、4月の「まるごとイチゴのタルト教室」はあっという間に満席になりましたね。
みんなタルトもいちごも好きなんですね~、平日なのに。
でも作ってみたいですよね。
 
他にクッキーやパイ、コンフィチュールなんかもおいています。
キッシュもありましたね。
横にはカフェスペースがあってお茶することもできます。
ジェラートもありました。
一度店内でイートインもしてみたいな。
 
ポケキチpeco


 

タルトのお店 はコメントを受け付けていません。

3月 22 2016

Profile Image of ymk

シュクリムシュクリのシュークリーム


長瀞に行った時に久しぶりに池袋駅に降り立ったので、すこしデパ地下を散策。
以前池袋で働いていたことがあったので懐かしかったです。
前は何があったか覚えてないんだけど、行列の出来てたエリアがあって、いまもあるかな?と思って
立ち寄ってみたらお店が変わってて。
「シュクリムシュクリ」という新しいシュークリーム屋さんになってました。
 
シュークリーム専門店ということで、メニューは4種類。
「シューシュクリ」シュークリームとマカロンを掛け合わせた生地にさっぱりしたカスタード。
「シュークロワッサン」シュー皮がクロワッサン生地。サクサク生地の中はたっぷりのカスタード。
「シューグランデ」他のシュークリームの4倍くらいの大きさ、クリームチーズとラムクリームが入ってる。
「シューシュクリ」のラムレーズン入りカスタード。限定品の模様。
 
私は「シューシュクリラムレーズン」と「シュークロワッサン」を買ってみました。
ラムレーズンのカスタードはものすごくおいしかったですね。
かなりラムが効いていてオトナのおいしさ。
生地はそんなにサクサクではなかったので、できたてにクリームを詰めてくれたらきっとサクッとしておいしいでしょう。
 
「シュークロワッサン」はさっぱりしたカスタードがたっぷり入っていたけどサクサクのおいしさ。
これはカロリーが高そうだけど次があったら絶対買っちゃいますね。
「シューグランデ」は切り分けないといけないのでなかなか手が出ないけど他のシュークリームにはない
レアチーズとラムクリームと書いてあったのでいつか食べてみたい!
 
あとでよくよく調べてみたら「ビアード パパ」を運営する「麦の穂」という会社が
「今までにないシュークリーム」を求めてJR東日本と連携して開いたお店なんだとか。
なるほどね。だったらわかるかも。
ビアード パパのパイシューは画期的でしたもんね。
結構食べたなぁ。
でもそれならクリームはやっぱり注文後に入れて欲しいよね。
 
ポケキチpeco


 

シュクリムシュクリのシュークリーム はコメントを受け付けていません。

3月 16 2016

Profile Image of ymk

念願の天然水かき氷


長瀞に行ったら是非とも食べてみたいと思っていた秩父の天然水を使って作った阿左美冷蔵のかき氷。
夏は行列が出来て何時間待ち、というのを聞いていたけどさすがにこの時期なら大丈夫じゃないか?と思って。
でもシーズンオフの平日はやってない店も多くて、それがちょっと心配だったけどやっぱり。
本店は改装工事中で3月いっぱい閉店してた。
宝登山店というのがあって、そちらは営業中とのことだったけど電話しても通じないし、食べログには
このお店もやってないと書いてあったのでほとんど諦めてました。
 
まぁ、この辺の甘味屋さんのかき氷はすべて阿左美冷蔵の天然氷を使っているというのでどこかで食べることが
できればいいと思ってた。 
なのになのに!
宝登山神社に参拝して歩いて長瀞駅まで向かう途中に氷ののぼりが。
やってるじゃ~ん!
ってことで念願だった天然水かき氷を初めて食べることが出来ました。
 
かき氷はひとつ800円くらい。
いろいろのっている物やシロップが3個付いてくるヤツは1200円くらいでした。
かき氷の値段じゃないですね。
でも噂に聞いていたとおり、全然きーんとくる冷たさを感じなくて暖かい店内でばくばく食べることができた。
本当にその辺で食べるモノとは全然違うかき氷でした。
 
定番の黒蜜抹茶あずきを注文したら練乳もついてきた。
あ、妹と2人で1つ食べました。なんせ急だったから。
抹茶シロップは最高!あずきもおいしかった。
練乳は一口だけかけてみたけど私はない方が好きだったのでほとんど使わず。
 
お店のオリジナルシロップは販売もしていたけど、氷が違ったらダメでしょう!
でもまるごとみかん・こだわり白桃・里ブドウなんかはネーミングもいいし、炭酸で割ったりしてもいいかも。
ブログで見たけど今年は冬の高温、降雪などで気象条件が恵まれなかったため例年より少ない量での採氷だったみたいですよ。
なかなか行く機会がないので、食べる事が出来て本当によかった。
これだけでも長瀞に来た甲斐があったね~と喜びまくりでした!
 
ポケキチpeco


 

念願の天然水かき氷 はコメントを受け付けていません。

3月 10 2016

Profile Image of ymk

高級チョコレート


フランスに留学していたプライベートレッスンの生徒さんが帰国して、また復帰されました。
その時にいただいたお土産がなんかとても高級感があって。
日本にもピエールマルコリーニとかジャンポールエヴァンとか有名なお店があるけど
このいただいたチョコはちょっと違いましたよ。
ケースが箱じゃなくて缶でした。シガーケースみたいな。
 
なんて読むのかも誰も知らなかったけど、結構有名だというジャック ジュナンのチョコ。
調べてみたらテレビでも数回取り上げられているようだし、現地でも行列が出来るような人気のお店みたい。
フランスのマレというところに1店舗しかなく、2階にチョコレート工場、1階にはブティック以外にサロンドテがあり、
そこで食べる事ができるレモンタルトとか注文が入ってからクリームを挟むできたてのミルフィーユなどもあるらしい。
行ってみたい!そっちの方が興味ある!
 
フランスで買うと高級品なのにリーズナブルだというので人気だったけど、
日本で買おうと思ったらネットだと送料別で7000円くらいした。
知らなかったけどバレンタインの時は日本のデパートでも手に入るみたいですね。
それでも3500円くらいでした。ひぇ~。
 
すでに食べかけなんですが、色の濃いモノとちょっと茶色の2種類(実際は3種類みたい)が9粒入っているタイプ。
濃いモノは結構なビター、茶色のモノは中にキャラメルのようなモノが。
ビターチョコはどうやらブラックだったらしく本当にビターで、食べ終わってからもしばらく口の中がほろ苦い感じ。
茶色のモノはプラリネということで砂糖を熱してカラメル状にしたモノにナッツを混ぜ合わせてすりつぶしたモノが
入っているようです。
実際はミルクもあったみたいだけどどれがどれか、私が食べたかどうかもわからず、でもビターな方がおいしいと思った。
というより私はあまり高級チョコレートをおいしいと思わないので、記念にいただいた、といった感じです。
ゴメンナサイ。
 
ポケキチpeco

チョコ

高級チョコレート はコメントを受け付けていません。

2月 17 2016

Profile Image of ymk

またまたアップルパイ


最近リンゴ、特に「サンふじ」が安くなってきましたね。
安いのは小振りのモノが多いけど、リンゴは大玉よりも中くらいの方が日持ちがいいらしいですよ。
日本のリンゴって約半分が「サンふじ」なんだそうです。
 
私はナシでもリンゴでもしゃきっとしているのが好きだから、ふじの食感が好き。
そのまま食べるのが一番おいしいと思うけど、古い冷凍パイシート残っていたから
またまた簡単アップルパイを作ってみた。
家族が大好きだしね。
 
作り方は前回と一緒。
冷凍パイシートを半分に切って、リンゴを甘く煮たモノをサンドして卵を塗って生地を押さえるだけ。
こんな簡単でいいのかしら。
だけど高カロリーなので、食べるのは朝ご飯の時だけ。
 
そういえばリンゴの皮にはポリフェノールがたくさん含まれてるんですよね。
だから皮ごと食べた方が食物繊維も多いしいいらしいけど、たまにリンゴの表面が少しつるっとしてるから
ワックスか?と思ってなんか気分的にいつも剥いて食べてた。
でもこれはワックスとか防カビ、防虫などの薬剤じゃなくて、リンゴそのものから生成される成分によるものなんだって。
生食だと皮が口に残るけど、アップルパイなんかは皮ごと煮た方がよかったね。
 
あとリンゴはエチレンガスを出しているので、果物を熟す働きがあります。
だからまだキウイなんかを一緒においておくといいけど、バナナとかを一緒においておくと
早く熟れ過ぎちゃうから注意して下さいね。
 
あとひとつでも傷んでるリンゴやみかんがあったら取りだしておかないと回りのモノまで傷んでくるから気をつけて!
「腐ったみかん」って言葉があるけど、熟れ始めるとエチレンガスがより多く放出されるので、
まわりのものも熟しやすくなってしまうんです。
だけどリンゴとジャガイモと一緒においておくと例のエチレンガスのおかげでジャガイモから芽が出るのを抑制してくれます。
冬場はジャガイモなんて室温に置いておいてもいいんだけど、意外と室温が高かったりするので
リンゴと一緒においておくか、冷蔵庫で保存しないと芽が出ちゃいますからね。
 
ポケキチpeco

SONY DSC

SONY DSC

またまたアップルパイ はコメントを受け付けていません。

1月 23 2016

Profile Image of ymk

実家で採れたレモン


うちの両親は退職してから本格的にいろいろなモノを栽培するようになりました。
いままでも庭ではなにかしら栽培していたけど、こんなにたくさん種類が増えたのは
子供たちに手をかけなくてよくなったからかな?
父親は主に食べる事ができる野菜と果物、母親は花が好きだから飾ることができるような花を育てているので
庭の畑はものすごいことになってます。
 
野菜もそうなんだけど、果物も結構やってます。
柿・ブドウ・みかん・ラズベリー・レモン・・・まだあるかも。私が確認できてないだけで。
みかんなんて形は悪いけど味は売ってるみかんとそう変わらないくらい甘くておいしかったし。
それで今週から始まっている「カフェ」で使おうと思ってレモンをもらってきたんです。
レモンはたいてい外国産。アメリカやチリ産が多く出回ってるようです。
でも柑橘類は虫が付きやすいから農薬がスゴイって話ですよね。
白く粉がふいてたりするから、使う時はよく洗ってからじゃないと気持ち悪いですよね。
 
国産レモンっていうと広島とか四国とかの瀬戸内地方かな。
国産レモンって農薬とか化学肥料は使ってないものが多いんですよ。
だから皮ごと使う料理にはいいですよね。
その分手間暇がかかるから1個あたりの単価は確かに高い。
そんなレモンが今年は実家で8個くらい収穫できたらしいです。
それを教室に持ってきたら、S先生がこのレモンを使ってムースを作りたいと言ったので、作ってもらいました。
 
レモンなんだけど皮もざらついてなくてつるつるで形も丸っこいんです。
サイズは小さいのに皮が薄くてみずみずしいから1個でかなりのレモン汁が絞れたらしい。(私やってないから)
ムースもおいしかったけど、その上にトッピングされてたゼリーがおいしかったな。(ムース得意じゃないので)
残ったレモンは皮ごとスライスしてハチミツ漬けにしました。
お湯を入れてホッとレモンで飲もうかなと思って。
 
ポケキチpeco

大島家のレモン

レモンムース

実家で採れたレモン はコメントを受け付けていません。

1月 10 2016

Profile Image of ymk

そのままアップルパイ!


毎年年末年始は妹の家に親戚中が集まって料理を作ったり持ち寄ったりするんですが、
その時みんなからリクエストがあったデザートがアップルパイ。
妹の家で冷凍パイシート2枚重ねで作ってみました!
パイシートを型に合わせてカットする、とかめんどくさいじゃないですか。
このやり方、なかなかよかったんで、オススメです~。
 
1 パイシートの上にクレームダマンド(バター・砂糖・卵・アーモンドプードル・薄力粉)を塗る。
2 砂糖で水気がなくなるまで煮たリンゴ(最後にレモン汁)を乗せる。
3 縁に溶き卵を塗ってパイシートを重ね、フォークなどで押さえる。
4 全面に溶き卵を塗って、200度で30~40分くらい、いい色が付くまで焼く。
 
焼き上がったパイはピザカッターでカットしたらキレイに切る事ができました。
だから角切りアップルパイなのです。
型もいらないし、なんだったらクレームダマンドも入れなくてもいいですね。
パイシートを1㎝くらいずつカットして、溶き卵を塗って、文字や絵を書いたらかわいいかも。
 
結局このアップルパイは食べるタイミングがなくてみんな持ち帰りました。
うちでは家族がアップルパイをレンジで温めて、冷たいアイスを乗せて食べたいというので
それを2日連続で朝食に出してみました!
喜んでた喜んでた!
こういうカロリーの高いスイーツは朝食に食べるのが一番ですね~
 
ポケキチpeco
 
SONY DSC

SONY DSC

そのままアップルパイ! はコメントを受け付けていません。

1月 08 2016

Profile Image of ymk

復習・復習


12月のカフェ・パスタ料理講座でロールケーキを作りましたね。
基本2週間同じメニューを担当するので、分量なんかは毎回準備しているから覚えちゃうんですよ。
先日の牡蠣を持ってきてくれたお友達がお誕生日だったので、ロールケーキを作ってみました。
生地はあのレシピのまま。
型の大きさが違うのでちょっと厚みが出ませんでしたけど、薄いだけあって割れなかったし
ロールケーキっぽいですかね。
 
巻いたのはマロンペーストを混ぜ込んだマロンクリーム。
以前妹からもらった冷凍になっていたマロンペーストをラム酒を入れてちょっとのばし、
生クリームと混ぜてみました。
シロップもラム酒を入れたからちょっとオトナっぽい感じになりました。
 
クッキングシートで作った型ギリギリのサイズに焼いたので、結構長細いのが巻けました。
ロールケーキの切断面を写真撮ったので切り口があんまりキレイじゃなかったな。
巻いてしめる時のシートも焼いた時のモノを使用したので見た目がイマイチですが
お土産に包んだモノは結構いい感じでしたよ。
そっちを写真撮ればよかったな。
 
誰かのためにっていう名目がないとなかなか作ることがないお菓子ですけど
その時が来たら作る事ができるように準備しておかないとね。
 
ポケキチpeco

SONY DSC

復習・復習 はコメントを受け付けていません。

1月 06 2016

Profile Image of ymk

きやすのみたらし団子


あけましておめでとうございます!
今年もポケットキッチンをよろしくお願いします。
教室が年末年始のお休みの間、ブログもお休みしておりました。
ので、今日からまたちまちま更新していきます。
 
さて、新年1発目は年末に家族が大阪土産として買ってきてくれた喜八州総本舗のみたらし団子。
大阪界隈ではそこそこ有名店で、新大阪駅にも2店舗入ってるみたい。
このお店の一番人気はこのみたらし団子だそうで、みたらしのなかに団子が沈んでいるような感じ。
みたらしのタレというと甘いイメージだけど、ここのはそんなに甘くなかった。
北海道の昆布でダシを取って、香川のたまり醤油と白ざら糖を使った特製のタレだそうで、
それがたっぷり入っていたので箱が重い重い。
そして串にもタレが付いちゃって、食べにくい!
 
また団子が棒状になっているのも特徴で、一度蒸した団子を、注文が入ってから炙るそうで
その時に焦げ目が付きやすいのとタレが絡みやすいかららしい。確かにタレはたっぷり付いた。
さらに焦げ目が結構香ばしかった。
団子自体もそんなに甘くない感じ。
 
その場で焼きたてを食べる事ができたらもっとおいしかったかもしれないけど
なかなかボリュームのある大阪土産でした。
また買ってきて欲しい!
今さらだけど、団子の写真、串は右側に向けて撮るべきだったかな~
 
ポケキチpeco
 
SONY DSC
 
SONY DSC
 

きやすのみたらし団子 はコメントを受け付けていません。

12月 09 2015

Profile Image of ymk

鎌倉みやげ


家族が鎌倉に行った帰りにお土産を買ってきてくれました。
私の大好きな「鎌倉シュークリーム」で売っているシューラスク。
もう鳩サブレもそこら辺で買うことができるし、豆とか和菓子もひととおり食べたので
今はこれが一番嬉しいかな。
 
このシュークリームは以前ブログにも書いたことがあると思うけど、
フランスパンを作る粉で作ったカリカリのシュー皮。
注文するとカスタードクリームを注入してくれるタイプ。
その方が皮のカリカリ感を楽しむことができますよね。
 
これはたぶん余った皮の再利用ではあると思うけど、なんせ皮がおいしいから
全然こっちでいい!むしろこっちがいい!
プレーンとチョコとビターチョコがあったようで、今回は気を利かせて?
プレーンとチョコを買ってきてくれました。
おいしいですよ~。
 
最近はベーグルでもラスク、お麩でもラスクがあるくらい、結構ラスクって
いいお値段で売ってますよね。
東京ラスクっていうラスク専門店もあるし。
でもやっぱりフランスパンで作ったラスクはおいしいから
この鎌倉シューはそんな方には是非食べてみて欲しいです!
 
ポケキチ
 
SONY DSC
 
SONY DSC

鎌倉みやげ はコメントを受け付けていません。

11月 14 2015

Profile Image of ymk

〆のデザート


薬膳鍋のコースの最後はデザート。
このお店には杏仁豆腐とマンゴープリンと豆乳のチーズケーキがあります。
今回はそのなかからマンゴープリンが出てきました。
これが変わってるんです。
ソースはココナッツだと思うんだけど、ちょっと泡っぽいんです。
ムース状のココナツソースがかかっていて、マンゴー部分もちょっとふわっとしていて
口溶けがよくておいしかったです!
 
マンゴープリンは個人的にはあまり好きではないけど(それにココナツもそんなに好きではない)
これは食べやすくておいしかったな。
本当は杏仁豆腐を食べたかったけど満足です。
 
あとはお茶がよかったな。
アルコールを飲んだのはうちの家族くらいで、みんなで薬膳茶を飲みました。
薬膳茶は薬効のある食材が入っているお茶でひとつは「細美茶ほそみちゃ」
これは脂肪分解効果が期待できるといわれているプーアル茶に、山査子、陳皮、
なつめを加えたもの。飲みやすかったのと、提供の仕方が台湾のお茶のようで、
ガラスのポットとガラスの小さい茶器で入れるスタイル。
こうやってお茶にして飲むと取り入れやすいですよね。
 
あと好評だったのは「復活茶ふっかつちゃ」
なつめと龍眼を使用した薬膳茶でどっちもさまざまな効能がある優れた漢方食材。
特に疲労回復効果は絶大って書いてあったもんだからみんなそれを期待して飲みました。
まぁ、効果があったかどうかはわからないんだけどね。
 
薬膳はたまに口にしてもダメで、少しずつでも続けて取り入れることで緩やかに効果を
発揮するモノだから、これを機会にちょっとなにか初めて見ようかなと思ったり。
 
ポケキチpeco

SONY DSC

〆のデザート はコメントを受け付けていません。

10月 19 2015

Profile Image of ymk

ほくほ栗


こちらもいただき物の広島県のお菓子屋さんのほくほ栗。
みるからに高級そうなお菓子で、パッケージとネーミングがかわいらしい。
秋~冬にかけての愛媛県産の新栗を使った素朴な手作り感のあるスイートマロンです。
 
よく見ると下の部分がホクホクの生地で上にはちょっとゆるめの生地が絞ってある感じ。
和菓子のようなモンブランのような、でも食べたことがあるようなそんな味。
栗100%のお菓子なんてあんまり食べたことがないからてっきりサツマイモが入っているかと思いきや
原材料は栗・砂糖・生クリーム・バター・卵黄・牛乳 のみ。
これはスゴイことですよ。
たいていのお菓子には日持ちやコストを考えていろいろな増量材や添加物が入っているのに
このほくほ栗には家庭にあるようなそんな食材しか使われていないですから。
 
自然な甘さと素朴な味に教室のスタッフみんながおいしいと絶賛でした!
ただ、カップから直接食べたもんだからあまりのほくほく加減にポロポロこぼれてしまって
食べにいね、って言ってましたけど、本来そうやって食べるものじゃないですからね。
きっとお土産にしたら喜ばれるお菓子をまた教えてもらっちゃった。
ありがとうございました~。
 
ポケキチpeco

ほくほ栗

ほくほ栗 はコメントを受け付けていません。

« Newer Posts - Older Posts »