Archive for the '食材について' Category

1月 18 2017

Profile Image of ymk

1月のお魚講座


1月からお魚講座のスケジュールが変わっています。
いままでは教室のレッスンがないときにひっそりと実施していたんですが
今月からは通常のグループレッスンの時間帯に実施しています。
なのでちょっとにぎやかですね。いままではプライベートな空間だったので。
今月はひさしぶりに鯖を扱っています。
鯖好きな方っているんですね、今月はほぼ満席となりありがたいことです。
 
鯖はいま400円~700円くらいで出回っています。
お店によって値段がこんなに違うんですよ、なので安いときに買ってくださいね。
鮮度が落ちやすい魚なので半身で売っていることがほとんどです。
夕方には割引もされていることも多いので安くなっている切り身でも十分対応できるレシピにしました。
ぜひさばかなくても挑戦してほしいです。
 
サイズはでかいんですが、身は柔らかいです。
なので強く触ると指の跡が残ったり、包丁を迷いながら進めると迷った跡が身に残るような
デリケートなお魚です。
ぜひ繊細に扱ってみてください!
 
今回はチキン南蛮ならぬ鯖南蛮。コチジャンと甜麺醤を使ったちょっと甘辛の味噌煮。
身をほぐして甘辛に味付けしたフレークを使ったオトナのポテトサラダ。
骨を煮込んで船場汁、お口直しの杏仁豆腐を作っています。
鯖といえば塩焼きか味噌煮、という概念をとっぱらいいろいろな料理に合う!ということを
ぜひ体感していただきたいです。
 
参加された皆さん、お疲れさまでした!
 
ポケキチpeco
 
魚講座1

魚講座2

1月のお魚講座 はコメントを受け付けていません。

1月 11 2017

Profile Image of ymk

七草粥


1月7日は七草粥の日でしたね。
スーパーでも年末くらいから七草粥セットが出回っていたので作った方もいると思います。
 
七草粥は1月の7日目の朝に平安時代くらいから食べられている春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、
その1年の無病息災を願って食べられる日本の伝統食です。
また年末年始の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われてます。
七草、言えますか?
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)・はるのななくさ~って歌って覚えませんでした?
でもこの七草って全国でこの時期に収穫できるわけではないので、地方によっては7種の具材が入っている粥って地域もあるみたいですね。
 
うちは七草セットを購入して、葉のみ塩ゆでして刻んで最後に入れました。
カブと大根は刻んでおかゆの中で柔らかくなるまで煮ました。
味は塩と薄口醤油で整えて、最後に揚げたお餅をトッピングしました。
そのままだとちょっと淡泊かな?と思って。
 
そういえばうちの家族は1月2日に一緒に七福神めぐりをして無病息災を祈願してきたその日の夜から
体調を崩して寝込んでいたんです。(意味ないじゃん!)
それでひさしぶりに土鍋でおかゆを作ったりしたので、その延長で七草粥も土鍋でことこと炊いてみました。
米から炊くおかゆって本当においしいですよね。
遅めの朝食にたっぷりいただきました~
 
ポケキチpeco
 
%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5

七草粥 はコメントを受け付けていません。

1月 10 2017

Profile Image of ymk

今年も島根のお雑煮で


毎年恒例のうちのお雑煮です。
うちのお雑煮は結婚してからこのお雑煮になりまして、とても簡単でおいしいので元旦を皮切りに
いまだに朝食に食べ続けています。
 
お雑煮は全国各地で作り方や味が違って面白いですけど、たいていカツオだしをとるじゃないですか。
でもうちのお雑煮はするめの出汁なので取り置きができるんです。
するめを細くカットして大量の日本酒につけておくんです。
傷まないのでたくさんつけておきます。
これをめんつゆで割るだけです。(うちの義父レシピ)
簡単でしょ。
 
めんつゆ:するめと日本酒:水が1:1:4くらいの割合。
そのおだしに茹でたお餅を(丸餅)入れ、かもじ海苔という岩のりを酒でといたものをたっぷり入れるだけ。
このかもじ海苔がポイントなのでこれがないとダメなんですけどね。
 
かもじ海苔は毎年この時期にご紹介しているんだけど、私の田舎の島根県で
とても限られた期間、冬の荒れ狂う日本海の足場の悪い岩場で一枚一枚摘み取られた貴重な海苔。
別名十六島海苔(うっぷるいのり)と呼ばれ、高級なんです。
つややかな黒さが女性の黒髪のようだったということで水で溶くと糸のようです。
とてもいい香りで、さらに食感がシャキシャキしてとてもおいしいのです。
 
このするめ・丸餅・かもじ海苔を3点セットで義父が送ってくれるのでできる料理。
一つずつそろえたら結構高額でしょうね~。
ありがたく今日もいただきました。
機会があったら是非食べてみてほしいです!
 
ポケキチpeco
 

今年も島根のお雑煮で はコメントを受け付けていません。

12月 30 2016

Profile Image of ymk

梨のんの飴発見


以前ブログにものせたことがあるんだけど、島根の義父が梨のんのというエキスを送ってくれたことがありました。
島根県でも鳥取ほどではないけど梨が取れるので、その梨の果汁を煮詰めただけの黒蜜のようなどろりとした
梨100%エキスです。
梨は秋の果物。水分が多いため季節の変わり目ののどの乾燥を潤すのにとてもいいんです。
だからのどが痛いときにエキスをのどに垂らしてごくんと飲み込んでました。
 
先日、にほんばし島根館で梨のんの飴なるものを発見しました!
砂糖と水あめと梨エキスだけで作られた飴だけどそんなに甘ったるくなく食べやすい。
いまのところのどの調子は悪くないけど、おかしくなりそうだったらこれをなめることにします。
 
それにしてもアンテナショップって便利ですね~。
島根館はアンテナショップの中でも広いほうで、奥には干物も冷凍で売っていますよ。
のどぐろなんかも手に入ります。
時期的に出雲そばの生めんも売っていました。
メーカーも多数入っているので自分の好きなおそばを買うこともできるし。
たまに行くのがまたいいですね、ついつい買ってしまうけど・・・。
 
ポケキチpeco
 

 

梨のんの飴発見 はコメントを受け付けていません。

12月 29 2016

Profile Image of ymk

シャインマスカット大福


先日お散歩がてら、久しぶりに日本橋~銀座あたりのアンテナショップめぐりに行ってきました。
お目当ては私の田舎の島根県のストア、にほんばし島根館だったんだけど、そこで買い物をしたあと近くにあった山形のショップで
偶然見つけたシャインマスカット大福、ひとつ250円。
シャインマスカットだったらそんな値段するかな。
 
調べたところ、山形以外でもいろいろなシャインマスカットが収穫できる地方で商品化されているみたいですね。
それにシャインマスカットだけじゃなく他のブドウでも大福が発売されてました。
イチゴ大福の影響かな?でもイチゴは多少酸味があるのでシャインマスカットの方が好きかも。
でも果物として食べるにはシャインマスカットは私には甘すぎるんですよね~。
 
求肥とぶどうが意外と合うんです。ブドウの甘みがちょうどいいのかも。
大福というからにはあんこも入っているんだけど、この山形十一屋は白あん。
他の地域のものはずんだあんとか、求肥そのものも緑にしてあったりとか。
ピオーネ大福なんかは紫色の求肥のものもあるみたい。
 
今回は白い求肥に白あん、シャインマスカットというシンプルな組み合わせ。
ほんのり甘くておいしかった。
でも自分のために買うことはないかな。あ、いただくのは大歓迎です!
 
ポケキチpeco
 

シャインマスカット大福 はコメントを受け付けていません。

12月 26 2016

Profile Image of ymk

味噌作り


先日知り合いの方から手作り味噌をいただいたんです。
よく作るな~と思っていたら、妹から味噌作り体験に参加しないかとお誘いを受けたので、
たぶん自分じゃやらないだろうと思って参加してきました!
最近流行ってるんですか?
 
味噌作りはいたってシンプル。
大豆・塩・麹があればできます。
それだけにいい大豆、おいしい塩、いい麹がないとせっかくの苦労が水の泡ですからね。
オーガニックとまでは行かなくてもできるだけいいモノを使うといいです。
今回はオーガニックの大豆と瀬戸内の藻塩、おいしい米麹を使いました。
 
お味噌って寒い時期に仕込む寒仕込みがおいしいらしいです。
今日作ったら食べることがデキルのは10ヶ月後。
気の長い話ですが、できあがるのが楽しみです。
 
大豆を一昼夜水に浸して、鍋に水をたっぷり入れ、指でつぶれるくらいまで茹でます。
圧力鍋だと早いんだけどちゃんと鍋でコトコト煮た方がいいらしい。
それをフードプロセッサか手動でつぶします。
ジップロックみたいな袋に豆を入れて、麺棒でたたきつぶすのが早いかも。
つぶしが粗いと粒がでかい味噌、しっかり粒がなくなるまでつぶすと粒のない味噌ができます。
 
麹と塩をまんべんなく混ぜ、つぶした大豆とよく混ぜます。
このとき素手で混ぜると菌が入っていいみたいです。
今回は多数の人がいたのでいろいろな人の菌が入りました。
 
これを容器に入れ、空気を抜いて表面を平らにし、ラップでピッタリ覆って、その上に
ビニールに入れた塩を入れて重しをします。
これを冷暗所においてひたすら待つのみ。
 
どんな味噌になるか、楽しみです!
 
ポケキチpeco
 

 

 

 

味噌作り はコメントを受け付けていません。

12月 18 2016

Profile Image of ymk

クーブイリチー


久しぶりに自分で作った料理を撮影しました。
なかなか撮る機会がないんですよね~、意識して撮らないと。
今回は常備菜としてクーブイリチーを作った時のもの。
 
以前和食の講座で作ったんですが、クーブイリチーはクーブが昆布、イリチーは炒め物という沖縄料理。
生の切り昆布を買って来たらあっという間に作ることができます。
ポイントは豚バラと練り製品を入れるところかな。
豚バラが入ることでこってりした仕上がりになるし、いいおだしが出るし、栄養のバランスもよくなります。
さらに練り製品を入れるとより沖縄らしい感じに。
今回はちくわを入れたけど、沖縄ではかまぼこという四角いさつま揚げみたいなものが入ります。
練り製品はたいてい冷凍できるので、冷凍庫にストックしておくとこういう時に便利ですよね。
 
ニンジンが入るといろどりもよくなるので今回は入れてみました。
炒め物ではあるんだけど、調味料を加えるときにダシも加えて少し煮て、その煮汁を飛ばし切らずに
少し残してしっとり仕上げるのがいいですよ。
 
出来立てよりも翌日以降がおいしいので、ちょっとたくさん作って数日かけて食べるのがおススメです。
また忘れたころに作ろうと思います!
 
ポケキチpeco
 

クーブイリチー はコメントを受け付けていません。

10月 29 2016

Profile Image of ymk

シソの実


先日お魚講座の生徒さんに大量のシソの実をいただいたんです。
それをずっとそのままにしていたのでいよいよ調理しました。
ゴメンナサイ。
 
シソの実は栽培している方にはおなじみですが、なじみがないという方もいるかも。
シソは一般的には葉を薬味として食べるんですが、種子が熟しかけているモノを
しその実と呼んでいます。
実際には葉の上にすずなりに花が咲きます。
その花が散り始めて、2~3個花が残っているようなときに収穫するらしいですよ。
時期を逃すと固くなったり臭いも悪くなるんだって。
 
9月~10月頃が収穫時期ってことなのでまさに旬の時期にいただいたんですね、ありがとうございます。
いただかなかったらたぶん作らなかったであろう、炒め物を作ってみました。
少量だったら天ぷらかなと思ったんだけど、あまりにも大量で。
写真の5倍くらいの量がぎゅっと袋に詰まっていました。
 
まず指で穂から種子を取り除きます。
アクがスゴイので手袋をして大量の種子をとりました。
さっと洗って塩を大量にかけてあく抜きします。
アクが強い場合は一晩くらい置くらしいんだけど、今回は30分くらい。
でもそんなにアクは感じなかったのでよかった。
それをさっと茹でます。
茹でた種子をゴマ油とシラス干しで炒めて、砂糖、ミリン、酒、醤油を加え、水分を飛ばしてできあがり。
 
種子のプチプチとした食感と紫蘇の香りがいいのでご飯がすすみます~。
しばらくはまかないのご飯に振りかけて食べよう。
 
ポケキチpeco
 
%e7%b4%ab%e8%98%87%e3%81%ae%e5%ae%9f
 
%e7%b4%ab%e8%98%87%e3%81%ae%e5%ae%9f%ef%bc%92

シソの実 はコメントを受け付けていません。

10月 21 2016

Profile Image of ymk

スペアリブ


いつも教室に来る前にスーパーで買い物をしてくるんだけど、その時に買うはずじゃなくても
安いからつい買っちゃうという野菜や肉があって、今日はスペアリブ。
スペアリブは主に豚の骨付きバラ肉。
沖縄だとソーキ。中華だと排骨ですね。
骨の近くの肉はおいしいんですね、でも食べにくい。
だからまかない用に圧力をかけて煮込もうかなと思ったんだけど、時間の関係でその日は漬け込むだけにして
数日後に焼く、ということになった。
 
肉を漬け込んで焼く、といえばチャーシュー。
漬け込むときに何に漬け込むかで味がガラっと変わります。
H先生がたまに作ってくれるのがガイヤーンみたいな鶏のチャーシュー。
ちょっとタイ料理のペースト類を入れるとピリ辛になってエスニック風に。
今回はふつうに醤油・ハチミツ・ワインにしてみた。
 
いつもH先生が作ってくれるチャーシューはとても甘い。
でも甘いと肉が軟らかくなるからそれは難しいところ。
私は甘味をおさえたかったのでハチミツの量をちょっと控えめにしたから肉の歯ごたえは結構あった。
あと、200℃のオーブンで表20分、裏20分焼いたんだけど、もうすこし焼くともっと肉離れがよくなるらしい。
焦げ目的にもう限界かなと思ったけどまだ焼くのか~、奥が深いですね。
 
よくスペアリブにはママレードを使うレシピがありますよね。
ママレードは皮も入っているため甘いだけじゃなくほどよい苦味があってそれが脂っこい肉との相性抜群、
さらにクエン酸が肉を軟らかくする、などの効果があるためハチミツや砂糖もいいけどママレードが便利。
だけど教室にはなかったので仕方なし。
 
年に一度くらいは作ってもいいかな?と思った料理でした。
 
ポケキチpeco
 
%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%96

スペアリブ はコメントを受け付けていません。

10月 20 2016

Profile Image of ymk

尾赤鯵


おあかあじ、尻尾の赤い鯵のことです。
いつも行くスーパーで初めて見かけて思わず二度見した。
で、来月のお魚講座の試作のために鯵を買おうと思っていたのでこれを使ってみようと思って
買ってみたんです。
見た目はほぼ鯖、でも鯵にしかないぜいごというウロコもあるし。
そして尻尾は本当にキレイな赤。
 
別名オアカムロと呼ばれるこの尾赤鯵は私がよく検索している「魚介類図鑑」サイトでは
「知っていたら達人級★★★★」レベルでした。めずらしいのね。
これは静岡産だったんだけど、相模湾以南の太平洋側で釣られるらしい。
これ、35㎝くらいで2尾300円だったんです。
安い!でももともと安い魚らしい。
 
鯖と同じさばき方をしてみた。
ウロコは小さいのが包丁に結構付いたけど、手で取れるくらいの密着感。
ぜいごは通常の鯵よりは短めだった。
皮がぶよぶよと厚いけど、包丁や手で簡単にはがすことができます。
マアジに比べて身の色もちょっと赤いかな?
 
といっても鯵なのでカルパッチョやなめろう、フライなどで食べられるようですね。
今回は春巻きと鯵バーグ、骨でアラ汁を作ってかき玉汁にしてみました。
今度のお魚講座の時にもしも見かけたらおもしろいからみんなに見せようかなと思うけど
なかなか市場には安定して出回らないと言うことなので貴重な出会いでした。
 
ポケキチpeco
 
%e5%b0%be%e8%b5%a4%e3%81%82%e3%81%98
 
%e5%b0%be%e8%b5%a4%e3%81%82%e3%81%982
 

尾赤鯵 はコメントを受け付けていません。

9月 29 2016

Profile Image of ymk

早生みかん


私は自分が秋生まれってこともあり今の季節が結構好きです。
さらにおいしいモノがたくさんある季節。
特にフルーツ類ですね。
ブドウ・ナシ・モモは私のフルーツベスト3なので毎朝何かしらのフルーツが出ます。
 
今回買ったのは早生みかん。
9月中旬~店頭に出回る早生みかん。
産地は大分と書いてあったんだけど、大分早生みかんは露地みかんでは日本一早く食べる事が
できる品種だそうですよ。
早生みかんというのは9月~10月頃にかけて出回る早出しのみかんの総称で、まだ薄い黄色で青みが残ったみかん。
みかんっていうと冬のイメージなので早いですよね。小さいし。
でも小さい方が糖度が高いらしいですよ。
 
早生みかんって初出荷から10日間くらいしか旬がないため、1週間~10日くらいを目処に早く食べた方がいいらしい。
ビタミンCも豊富だし、甘いみかんもいいけどちょっと酸味があるのも好きなので毎日まかないの食後に食べようと思います!
 
ポケキチpeco
 
%e6%97%a9%e7%94%9f%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%82%93
 

早生みかん はコメントを受け付けていません。

9月 01 2016

Profile Image of ymk

今年も届きました~


毎年9月くらいになると島根の義父から「二十世紀梨」が送られてきます。
今年はちょっと早くて8月下旬には送られてきました。
やったね!超楽しみにしていて、これが来るまでずっと梨はアイスと酎ハイ以外我慢してました。
初物は二十世紀って決めてるんで。
 
毎年梨の箱には梨のパンフレットが入ってます。
知ってるつもりでも梨のことは知らないことが多い。
まずおいしい二十世紀梨とは
・肩とお尻が張っている偏平なモノ
・色つやがよく、重量感があるモノ
・黄緑色の肌に黄色がまだら状に入った状態のモノ
だそうです。
 
あとおいしい部分は下のお尻の方。
「梨尻柿頭」があるらしい。ってことは柿は上の方がおいしいのね。
種の部分は甘味が少なく酸っぱいので芯は大きく取り除いた方がいいみたいですね。
あと皮はできるだけ薄く剥く、そして食べる前に適度に冷やすと甘さが引き立つそうです。
知らなかったですね~。
 
今年はフルーツが結構安いと思いませんか?
スイカはそうでもないけどブドウやモモ、梨は豊作なのかも。
ちなみにこのブドウ・梨・モモは私の好きな果物ベスト3なんです。
だから毎日このフルーツをローテーションしております!
 
ポケキチpeco
 
なし

今年も届きました~ はコメントを受け付けていません。

8月 26 2016

Profile Image of ymk

北海道のブロッコリー


実家に北海道からブロッコリーが大量に送られてきたらしい。
それを我が家に2房おすそ分けしてくれました。
知らなかったけどブロッコリーの産地って北海道が1位なんですね。
涼しい気候を好むということで夏場は北海道、秋冬は愛知県や埼玉県産が多いようです。
朝もぎたてを冷水の入ったクール便で送られてきたとのことで本当に新鮮だったみたい。
回りの茎や葉もついたまま。
茎もやわらかくて甘くておいしかったです。
 
ブロッコリーは茎の部分がカリッとしておいしいと思うんだけど
あのてっぺんのみどりの部分は花だって知ってましたか?
たまに放置しておくと咲いちゃうモノもあるんですが、あれは花のつぼみなんですよ。
見た目が似ているカリフラワーもそうです。
 
ブロッコリーは少し固めに茹でてそのままザルにあげて冷ますといいですね。
水で洗ってしまうと花の部分が水っぽくなっちゃいますから。
 
ポケキチpeco
 
ブロッコリ

北海道のブロッコリー はコメントを受け付けていません。

8月 21 2016

Profile Image of ymk

なんでも春巻きに


今月のお魚講座は「海老&烏賊」なんですが、各自必ず1尾(1杯)さばいていただくので
時にはそんなにたくさん使わないからと没収するときがあります。
鯛や烏賊、鯖のときですね。
その時はその残った食材をたいてい春巻きにしています。
全部、とかじゃなくて一度はやってみる、という感じ。
 
私の好きな食べ物はなんですか?と聞かれたら「春巻き」と答えるくらい好きなので
とりあえず春巻きにしてみたいってことです。
鯛の時は鯛と長ネギ・キノコ類をゴマ油で和えて巻いて揚げてみました。
さっぱりしっとりしていておいしかったですよ。
 
今回は烏賊が残ったので烏賊を細切りにして塩・酒で揉み込みインゲンと一緒に
巻いて揚げてみました。
イメージとしてはもっと烏賊は少なくてインゲンが多いつもりだったけど
インゲンが足りなかったのと烏賊が多すぎたって感じでほとんど烏賊でしたね。
でもこれもさっぱりしておいしかったですよ。
半分揚げて、残りはいつもの通り冷凍しました。
また忘れた頃に揚げようと思います。
H先生が月に一度くらい定期的に春巻きの皮を買ってくるんですよ。
だからまた新たな春巻きに挑戦しようと思います。
 
ところで烏賊ってなんで1杯っていうか知ってますか?
ちなみに海で泳いでいる烏賊のことは1匹って言うんですよ。
烏賊以外にもタコ、蟹、アワビなんかも1杯っていいます。
 
これは烏賊の胴部が水などを入れる器の形に似ているからだと言われてます。
蟹は甲羅、アワビは殻の部分ですかね。
だから食材としてカウントするときは1杯なんだって。
なるほどね!
 
ポケキチpeco
 
イカ春巻き

なんでも春巻きに はコメントを受け付けていません。

8月 20 2016

Profile Image of ymk

ひもかわうどん


教室の夏休みを利用して、群馬の草津温泉に行ってきました。 
帰りの駅で買ったお土産は「ひもかわうどん」。
群馬県って昔から小麦の産地だったらしく、うどんやひもかわ、おっきりこみなど
いろいろな麺類をよく食べているようです。
 
ひもかわうどんは超幅広麺。
きしめんのルーツでもある「芋川(いもかわ)うどん」がなまったものともいわれているらしい。
私は初耳でした。
もとはおっきりこみという群馬の郷土料理に使われた麺でだそうです。
幅広といっても幅はいろいろで、1.5センチくらいのモノもあれば、箸の半分くらいのものもあって
ちょっと衝撃でした。
 
旅行中は旅館の朝食と夕食しか食べなかったため、(昼食は抜いたんです)外食していないから
どんなもんかイメージもわかなかったんだけど、なんかおいしそうだったのでつゆもついている
タイプのモノを購入。
茹でる前の麺は3㎝幅くらいだったけど、茹でると更に幅広に。
なのにつるんとしたのど越しでおいしかった。これは絶対つけ麺がオススメ。
 
全国にはいろいろな麺類があるけど、どれもこれも特徴があっておもしろい。
お土産にはもってこいですね。
 
ポケキチpeco
 
ひもかわうどん

ひもかわうどん2

ひもかわうどん はコメントを受け付けていません。

7月 20 2016

Profile Image of ymk

高級デコポンゼリー


H先生がいただき物の熊本芦北の高級デコポンゼリーを差し入れしてくれました!
熊本県といえばスイカ?トマト?柑橘類、温洲みかんやデコポンなどが有名ですね。
このゼリーは熊本県芦北という地域の名産、デコポンのゼリーです。
サイズもたっぷりでパッケージもちゃんとしてて高そう。
 
デコポンは温州みかんとネーブルオレンジからうまれた清見にポンカンを掛け合わせたもの。
デコポンは商標名で品種は「不知火」しらぬい。
一定の糖度と酸味をクリアしないとデコポンとは名乗れないらしいのです。
それだけでなんか特別な感じでおいしそう!
デコポンは甘くておいしいし、皮を剥きやすいので好きな柑橘のひとつだったけど
そんな基準があったとは知らなかったです。
 
さて、ゼリーの中身はデコポンの果肉、果汁だけでなくナタデココも入ってます。
これってどうなんでしょうね?賛否分かれるところかも。
ナタデココって100円のフルーツゼリーにも入っているからちょっと安っぽく感じないかな?
入れなくてもよかったのに、と言うのが私の感想。
 
そしてデコポン果肉、甘酸っぱくておいしい。大きいし。
でもどうガンバっても生のデコポンの果肉にはかなわないですよね、どうしても。
そう考えるとみかんの缶詰もおいしいけど、生のみかんとは別物ですよね。
 
果肉でもナタデココでもないゼリーの部分がとてもおいしいです。
食べごたえもあり、間違いなくおいしいとは思う。
送料込みで税込みひとつあたり468円!
完全にご贈答用ですね。

いいものいただきました~。
 
ポケキチpeco
 
デコポンゼリー
 
デコポンゼリー2
 

高級デコポンゼリー はコメントを受け付けていません。

7月 17 2016

Profile Image of ymk

いかげそ唐揚げ


いかゲソといえば唐揚げですよね~。
でも普通に揚げると結構殺人的に油がはねるので、家庭で作るときは注意して下さいね。
そんなゲソから揚げを久しぶりに作ってみました。
今日のスルメイカは小振りだったのでゲソといわず胴体の部分も全部唐揚げに。
 
とりあえずいかは皮が何層もあるので一度さっと茹でるといいです。
あんまり茹ですぎると固くなってしまうのでさっとです。
それから下味をつけます。
今回は来月のお魚講座でのメニューを意識してスパイシーにと思い、
醤油・生姜とガラムマサラ・ブラックペッパーで20分くらい漬け込み。
なかなかいい味になりました。
 
さて、一般的にはこの調味料の汁気を切って粉をまぶして揚げるパターンなんですが
私はこの汁気を捨てずに薄力粉+片栗粉を投入。
どんどん粉が調味料に吸い込まれていって、粘り気が出てきます。
前回の軟骨から揚げなんかはこのまま揚げ始めちゃっても全然問題ないんだけど
イカの場合はそのままはキケンなので、さらに薄力粉を加えて、粉っぽくしてから揚げます。
そうするとしっかり衣がついて揚げた時にはねにくいし(でもはねるけど)カリッと仕上がります。
 
揚げる時の温度もあまり高いと危ないので温度が上がりすぎないように注意が必要。
左手にはフライパンのフタを持って楯のようにして油はねをガードします。
なんとか無事にあがりました。
カリッとしておいしいですね~。
 
来月のお魚講座に参加されるみなさん、お楽しみに~。
 
ポケキチpeco
 
イカげそ唐揚げ

いかげそ唐揚げ はコメントを受け付けていません。

7月 16 2016

Profile Image of ymk

明治おいしい牛乳で卵焼き!


いま「日本の和食講座」と「毎日の家庭料理講座」では「明治おいしい牛乳」の
タイアップレッスンを実施しています。

www.kitchenlife.jp/milk2/
 
この「明治おいしい牛乳」には生乳の産地が書いてないんです。
牛乳を産地で選ぶ方っていると思うんですけど、この「明治おいしい牛乳」のこだわりはそこではないんですね。
牛乳の味の劣化は乳成分の酸化による物、との考えから、牛乳中の酸素を低減した状態で
加熱殺菌を行うことで、成分の酸化を抑制するナチュラルテイスト製法という技術が使われているんです。
そんな「明治おいしい牛乳」は牛乳臭くなく、いわゆる搾りたての生乳のような自然の味に感じるんです。
とくに常温で飲むとよくわかるかも。
生徒さんもおいしいのでこれをいつも飲んでいます!という方が何人かいらっしゃいました。
素晴らしい!
 
さて、数ある「明治おいしい牛乳」を使ったレシピから選んだのは「ミルク卵焼き」。
ダシの代わりに「明治おいしい牛乳」を入れるだけでコクのあるふわふわの卵焼きになるんです。
 
生徒さんに聞いてみると数名は「うちのお母さんは牛乳を入れて卵焼きを作る」という方が
いらっしゃいましたね。
お母さん、わかってらっしゃる。
牛乳は甘味もあるし脂肪分もあるので卵焼きがふんわりします。
ただ、ちょっと巻きにくいのでいつもよりちょっと油を多めになじませるといいですね。
 
それにしても卵焼きって各家庭で味が全然違いますよね~。
この「ミルク卵焼き」はあま~いタイプ。
どこかで食べた事があるような懐かしい味。
 
牛乳がおいしいとお料理もグッとコクが出ておいしくなりますね。
後半戦「覚えておきたい料理講座」ではこの「明治おいしい牛乳」をたっぷり使って
とろける杏仁豆腐を作ります!
お楽しみに~。
 
ポケキチpeco

おいしい牛乳3

おいしい牛乳2

おいしい牛乳

明治おいしい牛乳で卵焼き! はコメントを受け付けていません。

7月 14 2016

Profile Image of ymk

今年初の枝豆


おそいですよね~。
みんなもうとっくに食べてると思います。
先日スーパーで埼玉県産の枝豆がとても安くなっていたのでついに今年初の
枝豆を茹でました。
実家で枝豆は栽培しているのでもらって食べたりはしてたんですが
我が家で茹でたのは今年初、ということです。
 
せっかく枝がついていたのでそのまま茹でちゃった。
本当は枝豆のさやの両サイドを挟みで切り落としてから茹でるらしいですよ。
私はやったことないですけど。
まず大さじ1くらいの多めの塩で塩もみ。
産毛をとることと下味をつけることが目的ですね。
 
フライパンに枝豆が浸るくらいのお湯を沸かして、大さじ1くらいの塩を入れ、
塩のついた枝豆をそのまま入れて約3分。ちょっと固めに仕上げます。
茹ですぎるとうまみ成分も抜けちゃうので気をつけて下さい!
それをザルに空けてそのまま冷まします。
水で洗っちゃダメですよ。水っぽくなっちゃうし塩味が抜けちゃうから。
なのできもち早めにざるにあけて、予熱でちょうどよくします。
 
おいしいですよね~。ちょっと固めが好みです。豆が甘い~。
豆はそんなに好きじゃないけど枝豆は別。そういう人多いですよね。
私もです。ほくほくしてないのが好き。
枝つきの枝豆が売っている期間はまた買って茹でよう。
それだけ出しておけば家族が喜ぶから。
 
ポケキチpeco
 

SONY DSC

SONY DSC

今年初の枝豆 はコメントを受け付けていません。

7月 07 2016

Profile Image of ymk

おからのツナサラダ


ずっと前の講座で使った残りのおからが冷凍庫に眠っていたのでサラダにして食べました。
いままで教室ではおからをメンチカツにしたり卯の花にしたりしてましたが、サラダもいいですよね。
私はおから自体そんなに好きでもないし、買ってまで食べないという感じであまり興味なかったんです。
なのでサラダは初めて作ったんですが、これはおから料理の中で一番好きかも!
 
以前秩父に行ったときにお豆腐屋さんでランチを食べたときのサラダがおいしくてびっくりしたんだけど
あれは今思えばおからのサラダだな。しかもお豆腐屋さんのおからだからきっとそれでものすごくおいしく
感じたんだと思う。
なのでおからを買ったときは(もらった時でも)そのまま炒って冷凍して置くもよし、
豆と煮たり、ハンバーグやクッキーなどに混ぜてもよし、で残りは断然サラダをオススメします!
日持ちがしないけど少量でさっと作る事ができてラクチンですね。
知っていた、作っていた人からしたらいまさら!なんですが、やってみるもんですね~。
 
みんながいうようにポテトサラダのような感じですね。
ふわっとしていて口溶けがいいんです。
今回はツナ・キュウリの塩揉み・玉ネギスライスでマヨネーズ・牛乳で和えたんですが
ポテトサラダよりさっぱりしていて軽い。
ただ、解凍して乾煎りしたせいか、マヨネーズを結構たくさん使った印象。
なので牛乳をあとから足したんだけど、ふやかしてからマヨネーズ味をつければよかったですね。
 
ま、興味がある方は一度やってみて下さい。
買ってきてすぐならそのまま和えることができますよ。その場合はそんなにマヨネーズも必要ないかも。
冷凍した場合は冷凍庫のにおいがついているかもしれないからもう一度炒り直して使ってみるといいと思います。
その場合は水分を足してからマヨネーズを入れてみて下さい!
 
ポケキチpeco
 
おからサラダ
 
おからサラダ2

おからのツナサラダ はコメントを受け付けていません。

Older Posts »